• 妊娠を機に退職して奄美大島へUターン。無職・未婚のシンママが出産・育児・副業への挑戦をつづります

11月15日に6回目の妊婦健診を受けてきたのでレポートします。
県立大島病院では3回目の受診になります。

前回は約3時間かかった検診が、今回は意外とサクサク進みました!
→【バックナンバー】県立大島病院で妊婦検診⑤篇

県立大島病院で妊婦健診⑥!

●費用・時間・検診内容

費  用:支払いなし(妊婦健診補助券利用)
予約時間:9:30
所要時間:約2時間
待ち時間:1時間10分(合計)

妊娠週数:31週(8ヶ月目)
胎児体重:前回:1243g→今回:1569g(+326g)

〜検診内容〜
①9:10 1階 受付(機械)
②9:15 2階 産婦人科受付
(待ち時間:15分)
③9:30~9:45
  体重・血圧測定
 ④採血(血糖値と貧血の検査)
 ⑤検尿
(待ち時間:25分)
⑥10:10 診察
⑦10:30 次回検診予約
(待ち時間:30分)
⑧11:00 保健指導(おっぱいケア)
⑨11:15 会計
⑩11:20 帰宅

●待ち時間について

前回の予約時間11:00より、2時間早い9:30に予約しました。
産婦人科に到着したのは、9時すぎ。

朝早いので、患者さん少ないかなと思ってたら、既に10人くらいお待ちでした。
皆さん早いですね・・・。

 

とはいえ、今回は①~⑤まで、待ち時間ほぼなしでかなりスムーズにいきました!
待ち時間は合計で1時間10分ですが、
保健指導がなければ、待ち時間は30分程度で済んだ計算です。

前回の2時間半待ちに比べたら、雲泥の差です!!
やっぱり午前中の早い時間に予約をとったほうがいいようです。

 

●採血がある日の注意事項

採血では、血糖値に影響が少ないように
以下の事に気をつけて来院してくださいと言われてました。

★採血がある日の朝食
・朝食は受診の2時間前に済ませること
・できれば和食
・飲み物は水かお茶

検査当日は、看護婦さんがテキパキと注射器1本分くらい採血してくれました。

 

●診察について

いつもの男性医師と研修医(男性)の2人で見てくれました。
問診は先生、エコーは研修医でした。

 

残念ながら逆子が治っておらず、
逆子体操真面目にやってなかったからかな
とちょっと反省です。

 

次回2週間後の検診で治ってなかったら、
帝王切開の準備を始めないといけないと言われました。
手術ができるか、血液検査や心臓の検査をしたり、レントゲンをとったりするそうです。

正直、検査代だけでもお金がかさみそう。
帝王切開の費用も高そう。

という、経済面での不安が先にきました。
そして、自然分娩の痛みとか、いきむとか経験できないのかなという、少し残念な気持ちに。

 

逆子について楽観視していましたが、
一気に現実感が増してきて、
「やばい、なんとしても逆子治さなくては!」
と真剣に考えるようになりました。

サボり気味だった、逆子体操真面目に取り組みます!
と決意した検診でした。

 

ちなみに、エコーは赤ちゃんがまた顔を隠していたので、ベストショットがとれず
2Dエコー1枚と4Dエコー1枚(合計2枚)プリントしていただきました。

 

保健指導:おっぱいケア(乳カスとり)

●内容①母乳で育てるメリット

最初は、おっぱいの重要性についてお話がありました。
私は特に母乳かミルクか混合か、深く考えたことはなかったので、勉強になりました。

県立大島病院としては、母乳が出ない場合ミルクを使用するという考え方のようです。
ああ、そうか、母乳って出したくても出ないことがあるのか、
と改めて考えさえられました。

 

<母乳のメリット>
★母乳は栄養価が高い
ママの食べ物が血液となり、母乳となって赤ちゃんに届きます。
体の組織を作るタンパク質、エネルギー源となる脂肪、脳や中枢神経の発達にかかせない乳糖、
ビタミン類、ミネラル等、赤ちゃんが成長に必要な栄養が全て含まれているそうです。

★赤ちゃんの免疫力を高める
初乳(出産後2~3日に出る黄色く粘度の高い母乳)には、
細菌から赤ちゃんを守る免疫成分が豊富だそうです。

★スキンシップになる
母乳を飲みながら、ママの体温・におい・声などを受け止め
心が安定するそうです。

★経済的
ママが健康であれば、市販のミルク費用がかかりません。
ミルクを作る手間も省けるので、楽だそうです。

★災害時に助かる
災害時は、市販のミルクはもちろんのこと、
衛生的な環境やお湯を手に入れるのが難しい場合も多いです。
母乳であれば、すぐにあげられるので、災害時にも安心です。

★赤ちゃんの味覚と顎を発達させる
ママの食事で母乳の味は毎日変化します。
そのため、母乳を通して赤ちゃんの味覚は磨かれます。
母乳を飲む行為は、哺乳瓶よりも、口の周りの筋肉や舌、顎、頬の筋肉を
よく使うので、鍛えられるそうです。

★子宮の回復を促す
赤ちゃんが母乳を飲む刺激が脳に伝わり、
出産で広がった子宮の収縮を促し、
回復を助けるそうです。

 

●内容②乳カスをとりましょう

・乳カスとは?

別名、「乳垢(にゅうこう)」とも呼ばれています。
母乳が固まったもので、乳首から出る白いカスのことです。
液状の場合もあります。

妊娠中期から見られるようになります。
妊娠によるホルモン(プロラクチン/プロゲステロン)のはたらきで、
母乳の準備が始まっている証です。

乳カスが溜まってしまうと、「乳腺(にゅうせん)」になり、
母乳がつまってしまいます。
母乳の出も悪くなり、乳腺炎という炎症を起こす原因になるので、
日常的にケアが必要です。

★乳腺炎の症状
・痛み
・乳房の発熱や赤み、しこり、はり
・母乳の色が黄色っぽくなる
・風邪に近い症状(頭痛、発熱、寒気など)

 

・乳カスとりの方法

★オイルパックし、入浴時に洗う(県立大島病院の指導)
①コットン(ティッシュ)にベビーオイルを含ませる
②両乳首にあてる
③ラップをかけ、30分パックする
④コットン・ラップを取り、洗う。
⑤保湿をする

 

※その他の方法

★2~3分・乳頭マッサージを行う
①乳頭・乳輪を、指3本でつまみます。(親指・人差し指・中指)
②3秒かけて圧迫します。
乳頭が硬い場合は、5〜10秒かけて少しずつ圧迫します。
④位置を変えながら、1分くらい圧迫します。
⑤乳頭・乳輪部をつまみ、横方向にもみずらします。(ねじるような感覚)
⑥縦方向にもみずらします。
⑦ある程度したら、十分にもみます。
※入浴中か入浴後がベストです。
※オイルをつけるとスムーズです。
※子宮の収縮を感じたらすぐにやめます。

 

★乳頭吸引器を使う
特に、陥没乳頭や扁平乳頭に悩まれている方が使用することが多いそうです。

なかなか乳カスが出ない場合、
乳頭吸引器で吸い上げると出てきた!という体験談がありました。

妊娠24週頃から使用でき、目安は1日に2~3回です。
1回につき、5~6度の吸引が適切です。
授乳時に乳首を引き出す際にも使用できます。

 

●妊娠31週で乳カスとりをやってみた

現在、妊娠31週(8ヶ月)です。

妊娠してから、バストサイズは2カップあがりました。(Cカップ→Eカップ)
しかし、乳首の色に変化はなく、
ましてや白いカスなど見たこともありません。

とりあえず、保健指導で言われた通り、
ベビーオイルでパックしてみました。(短めに10分ほど)

コットンが、ほんのり茶色くなったような気がします。
でも乳頭からは何も出てきません。
うーん、と思いながら入浴で洗い流しました。

翌日、再びベビーオイルでパックしました。(長めに1時間ほど)
全く変化はありません。
色づくこともありませんでした。
少しもんでみましたが、変化なしです。

渡された本には、マッサージについて書かれていますが、
助産師さんから、「子宮が収縮してしまうので、まだマッサージはしなくていいですよ」
と言われたので、本格的なマッサージはやめました。

また指導されたら追記します。

おっぱいケアについてネットで調べると、
助産師さんの乳頭マッサージが猛烈に痛い、
授乳中に乳首が切れた、
という体験談が多くあり、今から怯えています。

出産までにできるだけ柔らかくして、
痛みの少ない授乳を迎えたいなと思います。


コメント一覧

返信2018年12月5日 1:17 AM

奄美大島で里帰り出産Vol.6 県立大島病院で妊婦検診⑦篇 – 奄美大島へUターン!シングルマザー奮闘ブログ24/

[…] 前回の受診内容はこちら →【バックナンバー】県立大島病院で妊婦検診⑥篇 […]

返信2018年12月7日 3:19 PM

おっぱいケア(妊娠34週の乳カスとりについて) – 奄美大島へUターン!シングルマザー奮闘ブログ24/

[…] の妊婦健診で、 県立大島病院から乳カスをとるように保健指導がありました。 →【バックナンバー】奄美大島で里帰り出産Vol.5県立大島病院で妊婦検診⑥篇(保健指導:おっぱいケア) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村