• 妊娠を機に退職して奄美大島へUターン。無職・未婚のシンママが出産・育児・副業への挑戦をつづります

県立大島病院にて、
12月末に帝王切開で男の子を出産しました。


妊娠週数は37週のことです。
今回は、手術前日の入院生活についてレポートします。

帝王切開手術 前日の流れ

妊娠週数37週
身長160cm・体重56kg

〜スケジュール〜
①13時30分 機械・窓口で入院手続き
②2階 産婦人科受付
③体重・身長・血圧・酸素濃度・体温測定
④検尿
⑤診察(逆子の確認)
⑥4階 病棟へ移動
⑦血圧・酸素濃度測定・検温
⑧心音モニター装着(40分)
⑨弾性ストッキングのサイズ計測
⑩剃毛
⑪16時30分 シャワー
⑫18時 夕食
⑬21時 消灯・絶食
⑭24時 絶飲食

 

産婦人科にて各測定と診察

産婦人科では妊婦健診同様、
体重・身長・血圧の計測、尿検査に加えて
酸素濃度計測・検温が追加でありました。


そして、エコー診察で逆子の状態を確認します。

この日の診察で逆子が治っていれば、
帰宅できるのですが、
悲しいかな、私は逆子のまま。
入院となりました。

 

産婦人科病棟へ移動

診察後、30分程度待ち時間がありました。
入院患者は私を含めて3〜4組ほどいたようです。


ほどなくして、看護師さんに4階の病棟に案内されました。
ナースセンターに近い四人部屋です。


術後、頻繁に体のケアで看護師さんにお世話になるため
ナースセンターに近い部屋があてがわれたようです。
(※術後2〜3日すると、別の部屋に移動します)

病室の間取り


また、四人部屋ですが、
必ずしも4人で使用するわけではありませんでした。

●部屋の使用人数について
→手術前日は、2人で使用
→術後は、3人で使用
→回復後、別の部屋に移動し、4人で使用


基本、カーテンで四方を仕切ってあるので、
他の患者とコミュニケーションをとるのは少し難しい雰囲気です。


約2週間の入院生活なので、
なんとなく顔を合わせる機会はありますが
他の患者と活動を共にすることはありませんでした。

 

手術の準備

病棟へ移動後は、ゆったりとしていました。

看護師さんからの指示や手術の説明は、
患者にまとめてではなく、
個々にされるので
抜け落ちが結構ありました。


「え、聞いてない!」とか
「隣の患者には説明してたっぽいけど、私にはない!?」
「説明受けてないけど、説明受けたことになってる!」
とかよくありました笑


今日何を、何時頃行う予定なのか
といった説明がなく進んでいくので戸惑いました。


不安な方は、看護師さんをつかまえて聞いた方がいいです。

翌日の手術に向けて主に以下の準備がありました。

 

●胎児の心音を確認

心音モニターを装着し、赤ちゃんの心音を40分間計測します。
心音が音で流れてくるものです。


その間、ベッドで安静にしています。
何もできず、ぼーっとしているだけ。


時が過ぎるのが長く感じます。
なぜか喉も乾きました。
寝ながら飲めるペットボトル用キャップ式ストローが早速役立ちました。
買っててよかったです。


赤ちゃんの心音はかなり早いです。
大人の約2倍の速さで脈打つそうですね。
小刻みに太鼓が鳴っているようでした。

 

●弾性ストッキングのサイズ計測

アルケア アンシルク・プロJ ハイソックス 弾性ストッキング 17423 両足 M

術後に血栓を防止する目的で履く靴下です。
着圧ソックスの締め付けがよりきついものです。
病院から支給されるのでそのサイズの計測がありました。

 

●剃毛

看護師さん2名くらいに別室で剃毛してもらいます。
手術で開腹するとき邪魔になるからです。


私は、剃られるのが恥ずかしかったのと
肌が弱かったので
あらかじめ自分で全剃りして来院しました。


そのことを看護師さんに伝えると
「剃る範囲聞いてましたか?」と尋ねられたので、
実際剃毛は▼の上部のみだったのかもしれません。


全剃りしなくてよかったかもー
とちょっと恥ずかしくなりましたが、
結果的には、全剃りしてよかったと思いました。


手術時に尿道に管を入れたり
術後に悪露(産後に膣から出る血液)のケアで
看護師さんに洗浄してもらったりします。


そのため、Iライン、Oラインも毛がない方が
清潔で処理しやすく、中途半端な毛じゃないので
恥ずかしくなくていいと思います。

 

●絶飲食

18時に夕食、
21以降は絶食になります。
24時以降は水も飲めません。


それから、翌日の手術日と翌々日の昼頃まで何も口にできません。
点滴で栄養は入れるもののお腹は空きます。
喉も乾きます。


私は食に執着がある方なので、絶飲食がきつかったです。
術前夜から手術翌日昼まで、
約2日間もまさか水すら飲めないとは…


「あー早く食べたい」
という思いばかりが頭をめぐっていました。


麻酔によって腸の活動が鈍るため、
おならが出るまで食べれないそうです。


以上、妊娠37週帝王切開前日のレポートでした!
次回は手術当日についてです!


コメント一覧

返信2019年4月20日 10:52 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

にほんブログ村 マタニティーブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 マタニティーブログ 出産準備へ
にほんブログ村